インドネシアで一番利用されているメッセンジャーアプリは?

インドネシアで一番使われているメッセンジャーアプリは何でしょうか?

 

実は、各種調査によると ブラックベリーメッセンジャー(BBM)なのです

 

ここでブラックベリー端末と混同しがちなのですが、違います。

BBMはブラックベリー端末だけでなく、AndroidやiOSでアプリを展開しており、その比率は2015年秋のブラックベリー社資料によると、

 

Android端末:3550万MAU
iOS端末:200万MAU
ブラックベリー端末:1350万MAU

 

全体では5100万MAU(マンスリーアクティブユーザー)という規模になり、インドネシアのスマホ普及台数がまだ1億台に届いていないことを考えると、スマホ保有者の2人に1人はBBMアプリを利用しているということになります。

 

他のメッセンジャーツールと比較してどうでしょうか。

 

160225wearesocial-2016-indonesia

出典:DIGITAL IN 2016

 

160225jakpat

出典:INDONESIA MESSENGER TREND REPORT 2016

 

 

各社調査方法は違うかと思いますが、BBMがメッセンジャーアプリで1番利用されているようです。

また、GooglePlay Storeにおいてもアプリローンチから今まで総合無料アプリランキング1位をほぼずっと守り続けています。

160225GooglePlayTopFree

 

最近ではLINEインドネシアがECとゲームに力を入れて色々な取り組みを行っており、このままBBMの1位が続くかわかりませんが、インドネシアのメッセンジャーアプリ市場はこの1,2年で大きな動きがある気がします。

LINE_GOJEK

例えばLINEはバイク配車アプリ大手のGO-JEKと提携し、LINEを通してバイクタクシーを注文できるようにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です